長年同じ仕事をしていると指が変形するなど仕事に合わせて身体が変わってしまうことがあります。仕事を一生懸命に頑張ってきた勲章でもあります。柔道をはじめとした武道系のスポーツでも、技によって畳に耳が擦れて柔道耳と呼ばれる状態になることがあります。柔道耳も柔道を頑張ってきた勲章とも言えますが、見える部分なので特に女性は気にする人が多いです。同じ競技をしている人なら理解もありますが、知らない人の感じ方は人によって違います。予防のために頻繁に血を抜いたり、耳にガードを付けるなど対策をしている人もいますが、完全に防げるわけではありません。練習を頑張ってきた証拠でもあるのにコンプレックスになるのは皮肉ですが、現在では整形外科で治療を受けることで治すことも可能な時代になっています。悩んでいるならまずは病院を受診するべきです。

柔道耳にならないための方法

柔道耳とは、耳介血腫が常態化して、耳の変形が元に戻らなくなった状態をいいます。一般の耳介血腫というのは、耳介に強い衝撃などを与えることで毛細血管が損傷することから生じる場合が多い。柔道など比較的耳介に強い刺激を与えることが多いスポーツでは、よく見られる症状です。といっても、変形した耳は見た目はよくありません。そこで、耳の変形が後戻りできない状態になるまで放っておかないで、適時治療をしておいた方がよいでしょう。治療方法は極めて簡単で、耳介内にたまった血液などの体液を注射器で吸入するだけです。また、毎回吸入することは面倒であれば、最初から耳を保護するために保護器具を装着するという方法もあります。さまざまな保護商品が市販されていますので、その中から練習の邪魔にならないものを選択するとよいでしょう。

柔道耳を未然に防ぐ方法

柔道耳は症状に見舞われるとスポーツを続ける限りはなかなか治らない症状となっています。耳鼻科や整形外科に出かけることで治療につなげることも可能です。やっかいな症状であることから、事前に予防の方法を把握することで未然に防ぐことも大切になります。柔道耳を未然に防ぐ方法には、試合や練習時に耳あてなどを装着して耳を守っておくことが大切な手段となります。ですが、スポーツによっては耳あてなどを装着できない場合もあります。耳の注意を持ちながらスポーツに取り組んでいく方法がすべてで行える方法となります。耳に注意の意識を持ちながら取り組まざる得ないのが現状です。激しい練習などのによる耳への摩擦は繰り返し起こることで、血腫は次第に膨れ硬くなり、最終的には耳が変形してしまうケースがあります。この症状の中でも重度の症状であり、カリフラワー耳とも呼ばれています。カリフラワー耳は形成手術が必要になってきます。症状にならないためにも、できる限りの柔道耳を未然に防ぐ方法を心がけることが大切です。

数々の美容外科での勤務実績。 骨格を基礎としてお顔全体を改善できるクリニックに。 手術によって割引率は異なります。 出っ歯、口元突出の改善ゆがみ改善など、釣り合いの取れた理想の骨格形成に導く美容外科手術。 ドクターカウンセリング無料。 当院は、顔面骨格形成のエキスパートと最適な医療環境を取り揃えております。 レントゲンデータから実物大3D骨模型を作成します。 【マックスファクス】美容整形を銀座でお探しなら