柔道や格闘技のように、耳介に負担をかけやすい人に多いのが、柔道耳という状態です。一般の耳の状態と違って、柔道耳になると、厚ぼったく肥厚した、見た目がいびつな形状になっています。柔道を始めたばかりの人であれば、時間の経過とともに自然治癒して元の形状に戻るのですが、柔道を長年やっているような人の耳は、柔道をやめた後も、元の形状に戻るのが難しくなります。柔道耳は、正確には、耳介血腫と呼ばれる症状です。集音器の役割を併せ持つ耳は、構造上、軟骨と複数の毛細血管が集合して作られています。したがって、外部からの強い刺激を受けると、クッション役となる皮下組織がないために、内出血を起こしやすくなります。こうして起こるのが耳の肥厚状態です。強い刺激を長年与え続けることによって常態化するようなことになれば、元の状態に戻すのが難しくなります。その場合には、形成外科による施術が必要となります。

柔道耳の血抜きについて

耳は、その構造上、強い刺激に弱い。通常の皮膚は皮下組織があるために、外部からの刺激を低減させてくれます。しかし、耳は軟骨と毛細血管との間にクッション役となる組織がないために、快適刺激が即毛細血管に伝わってしまう。耳が比較的内出血を起こしやすい原因でもあります。これが柔道耳の元につながります。もっとも、一度や二度、内出血を起こしたとしても、それが直ちに柔道耳の原因にはなりません。変形が固定してしまうには、継続的な内出血状態が必要だからです。そこで、耳の変形状態を固定化させないためには、内出血が生じたら、血抜きをすることが大切です。基本的には注射針で血抜きがなされることになります。また、血液が耳介の中で固まったしまっている場合や出血が広範囲にわたっているような場合には、切開して血抜きすることになります。

柔道耳を整形手術で改善してもらう

テニスをしている人は肘を痛めることがあるようです。野球の投手も肘を酷使することがあります。スポーツを継続的に行うことで体が変形したり、傷みが出てくることがあります。目に見えて骨が変形する様子がわかることもあります。格闘家をはじめとして起きやすい現象に柔道耳があります。テニスの肘のように痛みがあるわけではありません。症状は見た目です。見た目で柔道をしていたことがわかります。柔道では受け身が必要になるので、トレーニングをしていると少しずつ平らになってしまいます。男性なら勲章としてそのまま残すこともあるでしょうが女性の場合はあまり残っているのは好ましくないと考える人もいます。整形手術を受けることで解消できる場合があります。つぶれてしまった耳を起き上がらせるようにして広げてくれます。傷跡が残らないようにうまく行ってもらえます。